文例集HOME> ビジネス文書> 借用書/借用証書(お金)・金銭消費貸借契約書

金銭借用書(簡易版金銭消費貸借契約書)文例と書き方

金銭借用書(簡易版金銭消費貸借契約書)文例

金銭借用書(簡易版金銭消費貸借契約書)文例と書き方-掲載文例/例文はテンプレートとしてそのままWord(ワード),EXEL(エクセル),一太郎/メールにコピーしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。

金銭消費貸借契約書

貸主       を甲、借主       を乙として、甲乙は、次の通り金銭消費貸借契約を締結した。

第1条  甲は乙に対し、本日、金     万円を貸付け、乙はこれを借受けて受領した。
第2条  乙は甲に対し、前条の借入金      円を平成  年  月  日限り、甲の住所に持参し、又は甲の指定する銀行口座に送金して支払うこと。
上記の金銭消費貸借契約を証するため、本契約書2通を作成し、甲乙署名捺印の上、各々1通を所持する 。

平成Ο年Ο月Ο日

     貸主(甲) 住所           
            氏名          印
     借主(乙) 住所           
            氏名          印

カスタム検索

金銭消費貸借契約書とは

金銭消費貸借契約書とは、お金の貸し借りを規定した契約書です。一般には借用書と呼ばれますが、正式には金銭消費貸借契約書です。
 
金銭消費貸借契約書は、文字どうりお金の貸し借りを目的といていますが、支払いがない場合は不動産や動産(自動車や絵画・骨董)を差入れるなどの条件をつけてもかましません。
金銭消費貸借契約書には、最低でも以下のことを記載します。
 1)貸主、借主、連帯保証人の氏名・住所の明示
 2)現実に貸付た金額
 3)返済時期、(分割なら毎月月末など、明確な定める)
 4)返済方法(銀行送金か現金持参か)
 5)利息は年率で何%か
 6)遅延時の規定
 7)貸主、借主、連帯保証人の署名・捺印
 
 以上は、最低限の記載事項であり、他に連帯保証人、抵当権の設定、強制執行認諾条項付公正証書作成の承認等必要であれば記載します。

Posted: 2005 - Updated: 12/30/2006

借用書/金銭消費貸借文例と書き方

各種借用書/金銭消費貸借の文例と書き方一覧と借用書/金銭消費貸借関連コンテンツです。

関連文例&コンテンツ

7月季節/時候の挨拶

7月時候の挨拶 [詳細:挨拶と結びを参照]
7月上旬 (梅雨明け/向暑)の(候/みぎり)
7月中旬 (仲夏/盛夏)の(候/みぎり)
7月下旬 (大暑/極暑/酷暑/炎暑)の(候/みぎり)
暑中見舞い/残暑見舞いの時期について
小暑(2016/7/7)と大暑(2016/7/22)期間を暑中と呼び、暑中見舞いはこの期間に送るのが正式ですが、 一般的には、梅雨明けから立秋(2016/8/7)まで「暑中見舞い」を送り、それ以降は「残暑見舞い」として送ることも多いようです。 なお、残暑見舞いは処暑(2016/8/23)までに送ります。