趣味のサークル勧誘のお断り 文例(目上の方宛)

趣味のサークル勧誘のお断り 文例(目上の方宛)

前略 早速ではありますが、先日は(〇〇サークル/〇〇教室)のお誘いをお断りしてしまいまして申し訳ありません。(〇〇さんとご一緒できるよい機会だはありました/折角のお誘いでした/見学までさせていたがきました)が、 (どうも(にも/時間)都合がつかないようで/(練習/開講日/活動の日)がちょうど〇〇と重なっておりまたので)(やむなく/残念ながら)(お断り/ご遠慮)させていただきました。
(私のようなものまでお誘い/今回は残念なことですが、またご一緒しましょうと優しいお言葉を)いただき、 (〇〇様の優しさに心打たれました/恐縮いたしております)。
改めましてお誘いお断りのお詫びまで申し上げます。

草 々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

〇〇〇〇 様

 

趣味のサークル勧誘のお断り 文例(目上の方宛)

前略 この度お便りしましたのは、(他でもありません/先日ご紹介いただいた)(〇〇サークル/〇〇活動/〇〇教室へ)のお誘いのお返事です。
さて、先日の〇〇(のこと/へのお誘いのこと)ですが、(実を申しますと/よくよく考えましたら)(〇〇とその活動の日が重なっておりまして/主人の介護との関係であまり、活動に参加できないのではないかと思いまして/今の健康状態では(少し無理をしそうな/皆さんにご迷惑になる)ので申し訳ないですが、(今回は/サークルへの参加は)ご遠慮させていただくこととします。
前々から(何か/〇〇)で一緒させていただくことを楽しみにされておられてので、何とかならかと調整しましたが、どうしよもありませんで(参加/ご一緒できない)ことになり〇〇(様/さん)が(残念がられておられない/気を悪くしていか)かと思いまして、改めてお詫びを申し上げます。
取り急ぎ、〇〇のお断りとお詫びまで申し上げます。

草 々

令和〇年〇月〇日

〇〇〇〇

〇〇〇〇 様

 
 
 
文例一覧policy運営者情報免責事項