領収書 書き方と文例/書式

領収書 書き方と文例/書式-掲載された文例や書式、tンプレートは、コピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトでは、書き方の説明を加えてあるものや文例/例文の中に書き換え語句や文章を挿入している場合もあります。それらを参考にして状況に応じて適宜、変更してご利用ください。

領収書の書き方

 領収書または領収証とは、他者が自身に金銭を引渡したことの証として相手に渡す書面です。
 
領収書には次の項目が記載します。
 
1)宛名
省略を避けて正式名称で記載
2)日付
金銭を実際に受領した年月日を必ず記載
3)領収金額
数字の頭に「¥ 金」末尾に「也 - ※」を付ける。金額が大きい場合などは、念のため「壱 弐 参 伍 拾」などの漢数字で記載
4)発行者と押印
発行者の会社名、代表者氏名、住所等とその印字部に少しかかる位置に社印などで押印
5)但し書
何に対する領収かを特定できるように漠然として記述ではなく的確に記載
6)収入印紙
領収金額に応じて貼付け収入印紙にかかるように消印(二重線をペンで引いてもかまいません)する。 課税文書の種類、金額に応じた金額、対価物の種類により収入印紙の金額は異なります。
7)通し番号
通常管理用として記載し、書き損じ等で欠番となたことがわかるようにしておく。
 
領収書の保存期間について
 
税法上では、小規模個人事業者(前々年の事業所得及び不動産所得が300万円以下)の方のみ5年間でそれ以外の個人及び法人は7年間です。しかし、会社法や他法律の規定でそれ以上の期間保存が義務付けられてる場合もありますので確認してください。

Posted: 2009 - Updated: 7/06/2009

- ▼ をクリックで表示/非表示切替 -

領収書 文例/書式/テンプレート ▼

領収書 書式(明細あり) ▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項文例の転載について