請求書文例

請求書の書き方のポイント

請求書文例-掲載されたビジネスメール、ビジネス文書、手紙の文例はテンプレートとしてコピー&ペーストしてご利用いただけます。 文例中に括弧で括られた語句または文章は、ご自身の状況や心情に応じて選択してください。
 請求書とは、商品やサービス代金/料金を納入相手に請求する書面です。
 請求書には、個人との取引で代金後払いの場合、商品の納品時に添付するものや、 企業間取引で、月末に締めてその月の合計額を一括で請求する場合もあります。
最近では、多くの企業がコンピュータ会計を導入しているため、請求書(帳票)が 自動的に印刷されるところが多いようですが、 スモールビジネスでそのようなシステムがない場合、個々に発行することがあります。
 
また、商人ではない個人が企業に品物やサービスを提供した時でも、企業によっては請求書の発行を要求されるケースがあります。請求書で出金処理がなされる社内のシステムを採用している企業は多くあります。
ここでは、そのことを踏まえた請求書の書き方を説明します。
 
その他、記載すべき事項は、
1)請求する相手の会社名「ОΟОΟ 御中」とする。
2)請求者の名又は会社名、代表者(又は、権限あるもの氏名と役職)住所、電話、FAXなど 捺印
3)請求日
4)請求書番号
5)品名とその員数
6)金額
7)支払い方法 銀行口座名など(振込み手数料の取扱いも記載)
8)支払い期限
9)備考 特記事項

Posted: 2007 - Updated: 9/19/2007

【表記方法について】
本サイトでは、手紙、はがきやビジネス文書等の紙ベースの文例は【ОΟ文例】、メールは【ОΟメール文例】と表記されています。また、ビジネス文書は、【ビジネス ОΟ文例】、雛形は【ОΟ書式】と表記しています。

関連文例&コンテンツ

ProPortal文例集 homepolicy運営者情報免責事項文例の転載について