兼業/副業不許可通知 通知書/メール 文例

兼業/副業不許可通知 通知書/メール 文例 - 文例は、コピーしてご利用いただけます。 文例中には、文章を書く上で助けとなるよう書き換えの語や句、文章が入れられてます。 状況や心情に合った語句等を選んでご利用ください。

兼業/副業不許可 通知メール 文例


件名:(兼業/副業不許可通知/兼業/副業許可申請の件)


(部署名)〇〇〇〇(役職/様)
 
(お疲れ様です。)人事部の〇〇です。
 
〇〇(様/役職)の(競業/兼業)を(許可とする/(内容を慎重に検討したた結果として/社内規定に照らして)許可できない)との(決済/決定)がなされましたので通知します。
 
会社といたしましても〇〇(様/役職)の(要望に応えたい/希望に添いたい/(立場/状況)を理解し、前向きに検討した)のではありますが、(社内規定に当てはまらないころであり、/残念ながら/前例のないことであり、)このよう(な判断をいたしました/決定をした次第です。)ご了解(ください/いただきたく存じます)。
 
1.兼業/副業許可(願/伺)受理日
 令和〇年〇月〇日
2.(決済/決定)内容
 〇月〇日 (取締役会による決議/(人事部/社)長決済)
 〇〇部〇〇課〇〇よりの兼業/副業許可(伺/願)を不許可とする。
3.不許可の理由
 (例)
 当社は就業規則〇条〇項で兼業/副業を禁止しており、この兼業/副業には(例え名ばかりの取締役就任/家業の継承/業として行う全ての事)も含まれます。よって、この度の申請も兼業/副業禁止の規定に該当する為、当該兼業/副業を不許可とした。
または
 通常、当社は業務に支障がない(家業の継承/非常勤取締役就任/NPOの理事就任)の兼業/副業は許可されますが、この度の申請では兼業/副業する事業内容が当社の業務と競業する為、当社の(営業機密/技術情報)の保護が守れない虞があると考え、兼業/副業を不許可としました。
または
 本件の兼業/副業理由は、会社規定(就業規則〇条〇項)に適合せず、不許可とする決定をした。
4.(問い合わせ先/連絡先/担当者)
 人事部 〇〇(TEL 000-000-0000/メール ****@****.****)
 
備考
(例)
 本件に関して質問等ありましたら、担当〇〇にお問い合わせください。
 
*************************
      署名
*************************

関連文例一覧

兼業/副業不許可通知 文例

〇〇〇〇 様

令和〇年〇月〇日
人事部長 〇〇〇〇

兼業/副業願いへの回答書

貴殿より申請がありました兼業/副業願につきまして検討した結果、兼業/副業を認めないこととなりました。
<理由の記載>
例1)当社は就業規則〇条〇項で兼業/副業を禁止しています。その兼業/副業には、(例え名ばかりの取締役就任/ 家業の継承/業として行う全ての事)が含まれます。よって、この度の申請は、 兼業/副業禁止の規定に該当するため、兼業/副業を不許可としました。ご理解のほどよろしくお願いします。
例2)通常、当社は業務に支障がない(家業の継承/非常勤取締役就任/NPOの理事就任)の兼業/副業は許可されますが、 この度の申請では、兼業/副業する事業内容が当社の業務と競業するため、当社の(営業機密/技術情報)の保護が 最重要と考え、兼業/副業を不許可としました。ご理解のほどよろしくお願いします。

以 上

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項