育児休業/時間短縮勤務受理通知 メール/文書 文例/例文と書き方

育児休業/時間短縮勤務受理通知 メール/文書 文例/例文と書き方-掲載された文例や書式、テンプレートは、コピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトでは、書き方の説明を加えてあるものや文例/例文の中に書き換え語句や文章を挿入している場合もあります。それらを参考にして状況に応じて適宜、変更してご利用ください。

育児休業受理 通知メール 文例


件名:(育児休業取得許可通知(書)/育児休業取得(伺/願)いへのご回答/育児休業取得許可の件)


(営業部/部署名)ОΟ(役職 殿/様/殿)
 
(お疲れ様です。)(人事部/ΟΟ)のОΟです。
または
(育児休業取得許可の通知です/先般貴殿より提出されまました育児休業取得(願い/伺い)の件です/育児休業取得願いへのご回答でメールいたしました)。
 
(貴殿よりの/ΟΟ様より提出のあった/О月О日付けの)育児休業取得(願い/伺い)を(社内/人事/ΟΟ)で検討した結果、下記のとおり休職を許可することとなりましたのでここに通知します。
 
または
 
標題の件、ОΟ(様/役職/殿)の育児休業取得を下記のとおり許可(いたします/する旨の決済がなされましたにで通知します)。
 
------------記------------
 
1.育児休業取得(願/伺)受理日
 令和Ο年Ο月Ο日
2.(決済/決定)内容
 О月О日(人事部長/第00000号)(決済/決定)
 ΟΟ部ΟΟ課ОΟよりの育児休業取得を社内規定О条О項に基づき許可する。
3.育児休業期間
 令和Ο年Ο月Ο日〜令和Ο年Ο月Ο日
 (Оヶ(月/年)間/養育する子の1歳の誕生日迄)
 なお、育児休業期間中であっても、復帰が可能となった場合は速やかに報告ください。
4.処遇
 (例)
 育児休業期間は、社内規定О条О項に準じて(無給/給与のО%の支給)とする。
または
 育児休業期間は、ОΟの任を解き、(ОΟ/総務部)部付を命ずる。
5.(問い合わせ先/連絡先/担当者)
 人事部 ОΟ(内線000)
 メールアドレス(ОΟО@ОΟОΟ.ОΟО)
 
備 考
(例)
 休業開始前に辞令の交付をおこないますので、(人事部/ΟΟ)にお立ち寄りください。
 育児休業期間延長を希望する場合
 以下の1)、2)のいずれかの事情があって育児休業期間の延長を希望する場合、養育する子が1歳6ヶ月になるまで育児休業の延長が可能です。延長を希望する場合休業期間満了の少なくともО(月/週間)前迄に申し出てください。
 1) 保育所に入所を希望しているが、入所できない場合
 2) 子の養育を行っている配偶者であって、1歳以降子を養育する予定であったものが、死亡、負傷、疾病等の事情により子を養育することが困難になった場合
 
*************************
      署名
*************************

育児のための時間短縮勤務について
育児・育児法によれば、事業主は3歳未満の子を養育を行う労働者について勤務時間の短縮などの措置を講じなければなりません。
 
育児のための勤務時間の短縮等の措置とは
1.短時間勤務制度
1) 1日の所定労働時間を短縮する制度
2) 週又は月の所定労働時間を短縮する制度
3) 週又は月の所定労働日数を短縮する制度(隔日勤務、特定の曜日のみの勤務等の制度をいいます。)
4) 労働者が個々に勤務しない日又は時間を請求することを認める制度
2.フレックスタイム制
3.始業・終業時刻の繰上げ・繰下げ
4.所定外労働をさせない制度
5.託児施設の設置運営その他これに準ずる便宜の供与
 
なお、3歳から小学校に入学するまでの子を育てる労働者については、上記の勤務時間の短縮等の措置を講ずることが、事業主の努力義務とされています。

Posted: 2/9/2007

- ▼ をクリックで表示/非表示切替 -

育児時間短縮勤務受理 通知メール 文例 ▼

育児休業許可通知 文例 ▼

育児時間短縮勤務受理通知 文例 ▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項