取締役会議事録(事業譲渡) 文例_例文_書き方

取締役会議事録(事業譲渡) 文例_例文_書き方-時候の挨拶文や文例/例文/書式/テンプレート等はコピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトの文例,例文には、置き換え語句や意味の異なる文章や文言が入っています。自身の状況や心情に合った文言を選択や変更をして利用ください。

取締役会議事録(事業譲渡)文例

取締役会議事録

令和Ο年Ο月Ο日(Ο曜日)午前Ο時Ο分より当会社本店会議室において取締役会を開催した。
  取締役の総数 Ο名  出席取締役の数 Ο名
  監査役の総数 Ο名  出席監査役の数 Ο名
以上のとおり出席があったので、本取締役会は適法に成立した。代表取締役ОΟОΟが議長となり、定刻に開会を宣し、直ちに議案の審議に入った。
 
第Ο議案 ΟΟΟ事業譲渡契約の件
 議長は、これまでに株式会社ΟΟΟΟとのΟΟΟ事業譲渡交渉で決まった譲渡条件の説明とこれまでの取締役会の議論を総括した。
 
 譲渡期日 令和Ο年Ο月Ο日
 譲渡金額 ・・・
 従業員の雇用・・・・
 ・・・・
 
 これに続き、議長から今取締役会で株式会社ΟΟΟΟへΟΟΟ事業を譲渡する契約締結の是非に関して決議をしたい旨の提案がされたところ、出席取締役全員に異議がなく挙手により決議をおこない。全会一致で可決した。
 
または
 
 以下1名の取締役が(反対した/異議を述べた)が、議決に必要な(過半数/3分の2以上/定款の規定などにより異なる場合がある)の賛成が得られたため、本件を取締役会として可決した。
 
 取締役 ΟООΟ
 
 なお、本事業譲渡は会社法467条の規定により株主総会の承認を得る必要があるため、後日臨時株主総会を開催してそこに本件を提案する旨、全会一致で可決した。
 
以上をもって本取締役会の議案を終了したので、議長は閉会を宣し、午前Ο時Ο分に散会した。
上記の決議を明確にするため、本議事録を作成し、議長および出席取締役(、監査役)がこれに記名捺印する。
令和Ο年Ο月Ο日
株式会社ΟООΟ取締役会
議長  代表取締役社長 ΟООΟ 印
     取締役副社長   ΟООΟ 印
     専務取締役    ΟООΟ 印
     常務取締役    ΟООΟ 印
       取締役     ΟООΟ 印
       監査役     ΟООΟ 印
 

関連文例/例文一覧

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項