取締役会議事録(重要財産の処分/多額の借財/抵当権設定) 文例/例文と書き方

取締役会議事録(重要財産の処分/多額の借財/抵当権設定) 文例/例文と書き方-掲載された文例や書式、テンプレートは、コピー&ペーストして利用いただけます。 当サイトでは、書き方の説明を加えてあるものや文例/例文の中に書き換え語句や文章を挿入している場合もあります。それらを参考にして状況に応じて適宜、変更してご利用ください。

取締役会議事録(重要財産の処分)文例

取締役会議事録

令和Ο年Ο月Ο日(Ο曜日)午前Ο時Ο分より当会社本店会議室において取締役会を開催した。
  取締役の総数 Ο名  出席取締役の数 Ο名
  監査役の総数 Ο名  出席監査役の数 Ο名
以上のとおり出席があったので、本取締役会は適法に成立した。代表取締役ОΟОΟが議長となり、定刻に開会を宣し、直ちに議案の審議に入った。
 
第Ο議案 (動産/不動産/ΟΟΟ)売却の件
 議長より、当社所有の以下(動産/不動産/ΟΟΟ)を(運転資金確保のため/遊休不動産の整理のため/ΟΟの理由により)売却したい旨の提案がなされ、出席者全員で(慎重に/売却価格の妥当性・売却先の選定方法等に関して)検討した後、売却の是非を諮ったところ全員異議なく、可決承認した。
(買主が利害関係者の場合)
なお、本議案に関してΟОΟО氏は特別利害関係人にあたり、議決には参加しなかった。
 
不動産の場合
 1)土地の表示   **********ОΟ番地
 2)面積      **********平米
 3)売買代金(見込み額) **********円
 4)予定売渡先   **********
 5)契約予定    **********
動産の場合
 1)絵画 *******作「*******」(О号)
 2)売買代金(見込み額) **********円
 3)予定売渡先   **********
 4)契約予定    **********
 
以上をもって本取締役会の議案を終了したので、議長は閉会を宣し、午前Ο時Ο分に散会した。
 
上記の決議を明確にするため、本議事録を作成し、議長および出席取締役(、監査役)がこれに記名捺印する。
令和Ο年Ο月Ο日
株式会社ΟООΟ取締役会
議長  代表取締役社長 ΟООΟ 印
     取締役副社長   ΟООΟ 印
     専務取締役    ΟООΟ 印
     専務取締役    ΟООΟ 印
     常務取締役    ΟООΟ 印
       取締役     ΟООΟ 印
       監査役     ΟООΟ 印
 

- ▼ をクリックで表示/非表示切替 -

取締役会議事録(多額の借財)文例 ▼

取締役会議事録(根抵当権設定)文例 ▼

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項