取締役会議事録(第三者割当新株式発行)の文例や例文と書き方

取締役会議事録(第三者割当新株式発行)の文例や例文と書き方- 文例や例文/書式/テンプレートは、コピーしてそのままお使いいただけます。 当サイトの文例や例文は、文章を書く上で助けとなる書き換えの語や句、文章が入れられてます。 個々の状況、心情に合わせて文章、語句を選んで使用されてください。

取締役会議事録文例(第三者割当新株式発行)

取締役会議事録

令和〇年〇月〇日(〇曜日)午前〇時〇分より当会社本店会議室において取締役会を開催した。
  取締役の総数 〇名  出席取締役の数 〇名
  監査役の総数 〇名  出席監査役の数 〇名
以上のとおり出席があったので、本取締役会は適法に成立した。代表取締役〇〇〇〇が議長となり、定刻に開会を宣し、直ちに議案の審議に入った。
 
第〇議案 第三者割当による新株式発行の件
通常の第三者割当
 議長より、(資本の充実/設備投資資金調達/〇〇〇)のため、(関係先/取引銀行/取引先)に対して第三者割当方式で新株式を発行したい旨の説明があり、本件を議場に諮ったところ全員異議なく可決承認した。
 
特に有利な条件による第三者割当
 議長は、(資本の充実/設備投資/〇〇〇)のため、第三者割当方式で新株式を発行して資金調達したいと述べ、(その要件とて/当社の経営状況からして/引受予定〇〇〇の要望により)下記のとおり一般株主より有利な条件と(せざるを得ない/する/したい)旨説明した。そのうえで、会はその内容を慎重に(検討/審議/精査)した結果、全会一致で下記のとおり本案を可決承認した。

1)発行新株式数 普通株式******株
2)発行価額 1株につき¥****円
3)払込金額 1株につき¥****円
4)新株式の資本組入れ額 1株につき¥***円は資本に組み入れない。
5)申込証拠金 1株につき¥****円とし、払込期日にその証拠金を新株式払込金に充当する。なお、申込証拠金に利息はつけない。
6)第三者割当方法
 1 株式会社 〇〇〇〇〇 ******株
 2 株式会社 〇〇〇〇〇 ******株
 合計  〇 社     ******株
7)申込期間 令和〇年〇月〇日から令和〇年〇月〇日
8)払込期日 令和〇年〇月〇日
9)新株式に対する配当起算日 令和〇年〇月〇日
10)前各号については法令による届出の効力が発生することを条件とする。
 
以上をもって本取締役会の議案を終了したので、議長は閉会を宣し、午前〇時〇分に散会した。
 
上記の決議を明確にするため、本議事録を作成し、議長および出席取締役(、監査役)がこれに記名捺印する。
令和〇年〇月〇日
株式会社〇〇〇〇取締役会
議長  代表取締役社長 〇〇〇〇 印
     取締役副社長   〇〇〇〇 印
     専務取締役    〇〇〇〇 印
     常務取締役    〇〇〇〇 印
       取締役     〇〇〇〇 印
       監査役     〇〇〇〇 印
 

関連文例/例文一覧

取締役会議事録 書き方

取締役会議事録

(1)【日時/開催場所】
令和〇年〇月〇日(〇曜日)午前〇時〇分より当会社本店会議室において取締役会を開催した。
(2)【出席人数】
  取締役の総数 〇名  出席取締役の数 〇名
  監査役の総数 〇名  出席監査役の数 〇名
(3)【定足数/法令に準拠し適法に開催された旨の記載】
以上のとおり出席があったので、本取締役会は適法に成立した。代表取締役〇〇〇〇が議長となり、定刻に開会を宣し、直ちに議案の審議に入った。
(4)【議案内容/審議内容/採決結果】
(例)
第1議案 生産設備更新の件
議長は、大阪工場の生産ライン老朽化にともない、最新の設備へ更新する必要性、必要な費用、資金調達の方法、効果について説明した。その後、出席取締役の間で議論がなされ、全会一致で本件を可決した。
     予算額     500万円
     資金調達    〇〇銀行よりの融資
     時期      令和〇年〇月稼動
(5)【会議の閉会とその時間】
以上をもって本取締役会の議案を終了したので、議長は閉会を宣し、午前〇時〇分に散会した。
(6)【議事録の作成旨の表示】
上記の決議を明確にするため、本議事録を作成し、議長および出席取締役(、監査役)がこれに記名捺印する。
(7)【議事録作成日/取締役会出席者の記名,捺印】
令和〇年〇月〇日
株式会社〇〇〇〇取締役会
議長  代表取締役社長 〇〇〇〇 印
     専務取締役    〇〇〇〇 印
     常務取締役    〇〇〇〇 印
       取締役     〇〇〇〇 印
       監査役     〇〇〇〇 印
 

関連文例&コンテンツ

文例一覧policy運営者情報免責事項